トップ 一覧 検索 ログイン

コマンドプロンプト

リンク


コマンドプロンプトの起動

  1. Ctrl + Rで「ファイル名を指定して実行」を開く。
  2. 「ファイル名を指定して実行」画面で、「cmd」と入力して「OK」を押す。

コマンド

 プログラムの起動

start hogehoge	プログラムを起動する。単に hogehoge としても可。

例:電卓を起動する

C:\WINDOWS\system32\calc.exe
start calc.exe
start calc
calc.exe
calc

上の例はすべて起動できる。フルパスではない2〜5行目が起動できるのはシステム環境変数"PATH"に"C:\WINDOWS\system32"が含まれている(パスが通っている)ためである。

 ディレクトリの移動

cd ディレクトリを設定する。
cd ../	一つ上のディレクトリに移動する。
cd ../../ 二つ上のディレクトリに移動する。
cd ../hoge 同一ディレクトリに属する別のディレクトリに移動する。
d:	現在Cドライブ以下のディレクトリでDドライブ以下に移動する場合 ※
c:	現在Dドライブ以下のディレクトリでCドライブ以下に移動する場合 ※
cd \ ドライブトップに移動する。

※現在ドライブトップのとき、ドライブ名(C:やD:)を入力すれば、そのドライブに移動できる。なお、移動先は移動先ドライブの最も最近アクセスしたディレクトリとなる。

 その他のコマンド

set	Windowsの登録された環境変数を表示する。
exit    コマンドプロンプトを終了する。
ipconfig    IPアドレスを確認する。

操作

操作コマンドは次の通り。

[Ctrl + C]	ループから抜ける場合に使用する。
[Alt + Space + C]	コマンドプロンプトを終了する。[Alt + F4]は効かない。

編集

Ctrl + A,F,C,Vに相当する操作は一見できなさそうだか、タイトルバーを右クリックして「編集(E)」メニューの中から行うことができる。

カスタマイズ

画面と文字色、窓サイズ、文字サイズも編集と同様にタイトルバー右クリックの「プロパティ(P)」によって最小限ではあるが設定可能。

[システム]

 トップ / 最終更新時間:2011年09月28日 02時34分32秒