トップ 一覧 検索 ログイン

TTBase

リンク


概要

TTbaseの本体のみではただ常駐するだけのソフトだが、
プラグインを入れることで様々な機能を持たせられる。

多くの用途に応じたプラグインが存在するため、
もし自分の用途に合致しているプラグインがあれば、
既存の常駐ソフトと置き換えて一つにまとめることで、
タスクトレイもすっきりする。

わざわざ常駐させて使うまでもないけど、
あれば便利かな?という機能だけ持ったプラグインもあるので
一度プラグインの一覧を見てみてほしい。

プラグイン

プラグインはすべてプラグイン - TTBaseからダウンロードできる。

自分の場合は、ぴたすちお → SnapWindow、ImeWatcher → IMEIconにそれぞれ置き換えた。
機能は本当に最小限だけど自分的にはこれで十分に感じた。

[お気に入り]

プラグイン名機能
WindowSizeViewウィンドウサイズを変更した際、ツールチップで変更後のサイズを表示する。
ResizeWindowを使うならこれと合わせて使うと便利。
CLCLクリップボード拡張ソフトCLCLのプラグイン版。
気に入った文字列を登録しておくことも可。
ファイルダイアログ拡張「名前を付けて保存」などのファイルダイアログを拡張する。
Upper Dirエクスプローラの空白部分をダブルクリックすると上のディレクトリに移動する。
RenameAssistantF2キーによる名前の変更を便利にする。例:test.txtがあるとすると、
キーを押す回数が1回で"test"、2回で"txt"、3回で"test.txt"が選択される。
SnapWindowウィンドウ移動時に他のウィンドウの端、ディスプレイの端が近くにあるとピタッと吸い付く。ぴたすちおのようなもの。
TClock2ch for TTBaseタスクトレイの時計拡張TClock2chをプラグイン化する。
IMEIconタスクトレイにIME状態を示すアイコンを表示する。
IMEバーを非表示にしている(したい)場合に便利。ImeWatcherのようなもの。

 プラグインの追加

プラグインは基本的に本体「TTBase.exe」と同じディレクトリに置かなければならない。
特に、ホットキーを割り当てているプラグインはそうしないとキーが効かなくなる。

 TClockのTTBaseプラグイン化

TTBase の「TTBase.exe」「Hook.dll」「Setting.dll」があるディレクトリに、
TClock の「tclock.dll」「tcdll.tclock」「langja.tclock」を置く。

 IMEIconのアイコン画像置き換え

IME状態アイコンはImeWathcer本家などから拾ってくる。
アイコンの置き換えにはResource Hackerを使う。
Resource HackerでIMEIcon.dllを開き、
左ツリーの「Icon」下の「1」〜「5」のアイコンをそれぞれ「リソースを置き換える...」から変えたいものに変更する。

関連


[アプリケーション]

 トップ / 最終更新時間:2010年08月31日 15時28分10秒