トップ 一覧 検索 ログイン

TiMidity++

リンク


インストール

1. SourceForge.JPから最新のTiMidity-CVSxxxxxx_setup_JPN.exeをダウンロードする。

2. ダウンロードしたファイルを実行してインストールを開始する。
(ディレクトリは C:\Program Files\TiMidity++\ など)

3. ○石氏のCFGを使用するなら、cfg、sf2フォルダ、timidity.cfgを直下に入れる。

4. timw32g.exeを実行して「設定]メニューの「詳細設定」を開き、
設定ファイルに先ほど入れたtimidity.cfgを指定する。

5. bin\setwindrv.exeを実行して○石CFGで使用する4つのサウンドフォントを読み込む。

サウンドフォント

サウンドフォントの拡張子は「.sf2」であるが、
「.sfark」、「.sepack」という拡張子で圧縮されている場合がある。

この状態ではサウンドフォントとして機能しないため、
「.sfark」は「sfArk」、「.sepack」は「SEPack」というソフトを使って「.sf2」に解凍する。

[アプリケーション]

 トップ / 最終更新時間:2010年08月28日 23時13分36秒